濱田雅子の服飾講座「服飾からみた生活文化」     シリーズ14

日時:2018 年 6月 23 日(土)  1:30~4:00

場所:ガレリアかめおか     3階研修室

〒621-0806 京都府亀岡市余部町宝久保1−1   

Tel 0771-29-2700

 

タイトル  ユートピア思想とパンツをはいた女性たち

19世紀アメリカのドレス・リフォーム運動(第Ⅰ期)―

 

概 要 
1.歴史的背景

拙著『アメリカ植民地時代の服飾』(せせらぎ出版、1996年)においても述べたように、イギリスを初めとするヨーロッパの人々は、17世紀にヨーロッパから移住してきて、アメリカ大陸に植民地建設を行い始めて以来、祖国ヨーロッパの貴族の服飾への強い憧憬の念をいだき続けてきた。フランス革命期のシュミーズ型ローブの登場は、ロココ調の拘束的な衣裳様式に対する反目から生まれたコルセットから解放された動きやすい衣裳様式であった。アメリカでもこの自由で、動きやすいローブが取り入れられるが、それも束の間、再び拘束的な衣裳が復活し、紐締めによる拘束的な衣裳は女性の健康、生まれてくる乳児の健康を蝕んだのである。

19世紀のニューヨーク・ファッションは、基本的にはパリ・モードであった。ニューヨークでは、ハイウェストのエンパイヤ・ドレスに始まり、ロマンチック衣裳、クリノリン衣裳、バッスル衣裳といった拘束的な衣裳が流行していた。だが、1880年代にクリノリンやバッスルを用いた拘束的な衣裳様式はウェイスト(ブラウス)とスカートの二部式の実用的で、活動的な衣裳様式に取って代わられるのである。また、スポーツが盛んになり、自転車に乗るためのデバイデッド・スカート、水着、テニスウェアーなどが開発された。

このようなパリモードの華やかなりし時代に、他方において、以上のような拘束的な衣裳様式に抗して、1824年から1920年にかけて、ニューヨークとその周辺においてドレスリフォーム運動が興こされた。すなわち、インディアナ州のニュー・ハーモニー共同体、ニューヨーク州のオナイダ共同体、その他のユートピア共同体において、女性のドレスリフォーム運動が興り、衰退していったのである。

 

本講演では、その実態と衰退の要因に迫ることとする。三回に分けて、報告させていただく予定である。

 

2.ズボンの発生

西洋服飾史上におけるズボンの歴史―ユーラシア大陸の騎馬民族の男のズボン―について、西洋服飾史および南蛮服飾研究の権威者であられた故丹野郁博士はこう述べられている1)

 「ズボンは元来、砂漠地帯に住む民族に共通な衣服形態であったと考えられる。北はモンゴル高原から南はエジプトに至る間の、ユーラシア大陸を斜に横断する砂漠地帯と、その周辺を含む地域に住む民族が用いた衣服であった。ここは、際限なく広がる砂漠と原野の地で、厳しい自然環境に対応するため、また、動物に跨って移動する必然から、ズボンの発想があったに違いない。・・・・南欧にズボンが導入されて、男子の衣服として一般化したのは、中世紀になってからのことで、封建社会にあって乗馬の必要から男性が積極的に取り入れたのである。」

 

 今日では、女性がズボンを穿くのは、国際社会における当たり前の文化となっている。だが、このような文化が服飾の歴史において定着したのは、さほど昔のことではない。

  さて、それでは女性はいつから、どこでズボンを穿きはじめたのであろうか。19世紀前半のアメリカに起きた「ブルーマー運動」と呼ばれるドレスリフォーム運動は、よく知られている。

このドレスリフォーム運動は、なぜ、「ブルーマー運動」や「ブルーマーリズム」と呼ばれたのであろうか。

 

3.ドレス・リフォーム運動の時期区分

第Ⅰ期(18241851年)はイギリス人の空想的社会主義者ロバート・オーウェンが中心となり、インディアナ州のニュー・ハーモニーに、アメリカのユートピア共同体を結成し、平等主義のニュー・ハーモニー運動を興した時期である。また、1830年代から1840年代にはニューヨーク州北西部のオナイダにジョン・ハンフリー・ノイズを創始者、指導者として新興宗教団体のオナイダ・コミュニティが結成され、ドレスの改革運動が興された。

第Ⅱ期(18511879年)はドレスの改革運動が、コミュニティーの閉ざされた場から公の場で、一般大衆の注目を浴びるようになった時期である。ズボンをはいた女性たちとアメリア・ブルーマーの「ブルーマー・コスチューム」が登場する1851年の後半以降の変遷の時期である。拙著『アメリカ服飾社会史』の第3章では、ドレス改革運動の第一派の第Ⅱ期(1851年まで)を取り上げた。本章では女性の衣装の機能性という観点から、ブルーマーコスチュームの誕生とこの衣装が短命に終わった歴史的背景について補足的に加えてみた。本稿では、医師リディア・セイアー・ハズブルック(Lydia Sayer Hasbrouck, 1827-1910)が編集した新聞『シビュラ』に見るドレスリフォーム思想および運動とドレスリフォーム論者として知られる医師メアリー・エドワーズ・ウォーカー(Mary Edwards Walker, 1832-1919年)のドレスリフォーム思想と運動を取り上げる。ちなみにメアリー・エドワーズ・ウォーカーは異性装でも名高い。

第Ⅲ期(1879-1920)は、ドレスリフォーム運動の衰退後に興った新たなドレスリフォームの波、すなわち、新たに興ったサイクリングの衣装、オスカー・ワイルドの審美的なドレスのデザイン、フランシス・E・ラッセル、ミラーとジェンスの芸術的なドレスなどのドレス・デザインの様々な取り組みである。20世紀初頭にはリフォームドレスという言葉は使われなくなり、「アメリカ人女性のためのアメリカン・ファッション」への取り組みが推進されてゆく。本報告では、第Ⅰ期を対象にして、お話させていただく所存である。

今後は、パリモードのアメリカン・スタイルへの転換がいかにして成し遂げられてゆくのかをテーマに、さらに究明する。

 

【注】1)  丹野郁博士叙勲記念論文集『服飾史学の五十年』, 丹野郁埼玉大学名誉教授叙勲記念誌編集委員会, 1990, p.32